« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

水辺公園へ

町内の皆さんと砺波市庄川町の 「水辺公園」へ行ってきました。
お花見スポットとして知られているようですが、この時期は緑が濃くて
とても綺麗です。それにしても庄川峡の水はどうしてこんなにも緑なの?
川沿いの散歩道を散策しました。木々の緑と、水の緑のコラボです。

Img_0835  Img_0842
源泉から引いた足湯も有りましたよ

Img_0837  Img_0849
毎年1月7日には奇祭「厄払い鯉の放流」が行われ、鯉にちなんで
恋のパワースポットなっており多くのカップルが訪れるそうです。

Img_0854  Img_0856
お昼は近くの温泉宿で、目の前で焼いた鮎の塩焼き御膳を戴きました。
お風呂も戴き、梅雨の晴れ間の楽しい1日を過ごしました。




















のまりんの紙芝居

町内で、のまりん事、野間成之(のましげゆき)先生の紙芝居が有りました。
お喋りも楽しく、身振り手振りを交えて4本の紙芝居を見せて下さいました。

野間成之先生のプロフィール
金沢市内の小学校や、金沢大学教育学部付属養護学校にて奉職。
2001年3月退職後、紙芝居文化の普及、紹介に国内は元より海外にも
飛び回って居られる。年間250回以上の講演をして居られる。

海外は、シンガポール、タイ、マレーシア、イギリス、カナダ、中国など等。
6月14日上海から帰られた所だそうです。紙芝居は日本だけの物だそうです。
のまりんの愛称でお年寄りや、子供たちに人気だ有るそうです。

Img_0827



あじさい寺

金沢のはずれに有るこんな紫陽花寺ご存知ですか?

日蓮宗一乗山 本興寺 です。
春は桜、秋は紅葉で綺麗ですが、何と云っても紫陽花で知られています。
未だ2週間位は見頃ですよ。

Img_0782_2  Img_0781_2

Img_0814_6  Img_0815_3

Img_0793  Img_0796

JR森本駅から車で7分(約3㎞)

近くには可愛い手作り民芸品を扱った 喫茶店【彩里】 も有りますよ。
ソフトクリームがお勧めで~~す。

 Img_0820_2




















生姜神社のお祭り

波自加弥神社(はじかみ神社)と云う、日本古来の 「香辛料」 である生姜の古名
「はじかみ」 を名乗る神社で、1300年の歴史を誇る神社です。

毎年6月15日に行われている、波自加弥大祭に初めて行ってきました。
調味、医薬、産業の神様と云う事で、料理屋さん、温泉宿、開業医さん、菓子屋さん
を始め地元の方々が沢山お参りに来て居られました。

150段余りの階段を登らないと神社にたどり着けません。
最初全国から寄せられた俳句の中で優れた7首が奉納され、祝詞と、儀式の後、
参列した皆さんに 【しょうが湯】 がふるまわれました。
宮司さんがとてもユニークな方で皆さんに人気が有り、毎日ブログも出して居られます。

Img_0759  Img_0760

  Img_0761   Img_0770

     Img_0765_2




          






県政バス

婦人部の県政バスに誘われ乗ってきました。

消防学校 
 トラックでの地震の震度体験をしました。震度4から5、5強、6と
   どんどん揺れが強くなって立って居られなくなります、シュミレーションだから
 良かった物の、本物が来たらどうしょう!! bearing  黄色い悲鳴!!

 人工呼吸、AEDの使い方、真っ暗な迷路の煙体験も怖かった。

 Img_0728  Img_0729

バリアフリー体験住宅
 「ほっと安心の家」では障害のある人ばかりではなく、子供から高齢者まで、誰もが安心して                                                暮らせる住まいをテーマに、福祉用具や住宅設備に関する研究をしています。
車いす体験もして来ました。

Img_0735_2  Img_0736

ホテルでバイキングのお昼を楽しんで午後は、
いしかわエコハウス
石川県は、夏は蒸し暑く、冬は雪や曇りがちで、年間を通して湿度が高い地域です。
庇を長くし、風の通りを考え、冬暖かく夏は涼しく過ごす為の色んな工夫がなされています。
もちろん屋根はソーラーパネルの未来派住宅

Img_0744    Img_0741

最後は
伝統産業工芸館
兼六園に隣接する伝統産業工芸館は、石川県の36業種すべての伝統的工芸品が展示されています。九谷焼、加賀友禅に始まり、加賀獅子頭、美川仏壇、加賀毛針、、、36種
水引細工、まゆ人形作りも体験し、今日も有意義なお勉教の1日でした。

Img_0753  Img_0747








   

世界ポスター展

  世界ポスタートリエンナーレトヤマ2012

トリエンナーレとは、3年に1回開く、という意味だそうです。
富山近代美術館には、3年ごとに世界中から新作ポスターが集まります。
今回は、世界53ケ国から 4,622点の作品が集まり、その中から選ばれた 398点と
審査員の作品が展示されています。

○息子の作品がその中に選ばれたと云う事で、見に行ってきました。
  福島原発をテーマにした作品で、副題の「ノウ モア フクシマ」 は、
  「ノウ モア ヒロシマ」 のパクリ?と思ったが、70年も前だからまあいいか。
  誰でも、見てすぐ云わんとする事が分かる、分かり安い 作品でした。

もちろん撮影禁止でしたが、係員にお願いしたら、「お母さんなら特別に」と、
腕章を貸して下さって、1枚だけ撮らせて貰いました。
光ってうまく撮れませんでしたが、、、

                       Img_0686

                Img_0676

             「私たちは 何を求めて いたのだろう」
                                                      
        Img_0680_2

○政治家の皆さん、日本の将来、見誤まらないようにお願いしたいですね。

梅雨の晴れ間に

rain 梅雨の晴れ間に友人と卯辰山菖蒲園へ行ってきました。

もう遅いかなと思って行きましたが、蕾もたくさんあってまだまだこれからって感じでした。

駐車場が少なくて、次々来られるお客さんでいっぱいでした。

紫陽花もこれからです。

Img_0688  Img_0693

Img_0702  Img_0708

9  Img_0714

















高岡市の歴史を訪ねて

地域の「歩こう会」 にまぜて頂き、高岡市の歴史を訪ねる散策の旅に行って来ました。

瑞龍寺
曹洞宗高岡山 瑞龍寺は、加賀二代藩主前田利長公の菩提をとむらう為三代藩主利常公によって建立された寺です。

総門 (重要文化財)
石廊 (県指定文化財)
禅堂 (重要文化財)
山門 (国宝)
法堂 (国宝)
大庫裏 重要文化財)
大茶堂 (重要文化財)
仏殿 (国宝) と言う素晴らしい肩書?の由緒あるお寺です。生憎の梅雨入りでしたが、
緑の芝生も雨に映えて美しく 、塵一つ無く管理されていました。

Img_0645  Img_0647

Img_0651      Img_0649

近くにある 前田利長公の墓所 にも行ってきました。
睡蓮の咲く濠に囲まれた墓所は高さ11m余り、武将個人の墓としては全国一の規模だそうです。

Img_0660    Img_0658

高岡古城公園でお昼休みと食事を済ませ、最後に 高岡市万葉歴史館 を訪ねました。

展示室には、古代貴族の食事と庶民の食事、古代の文房具、遣唐使の船模型、万葉集の古写本などが展示され、大友家持の一生をアニメで上映していました。
大友家持は、奈良時代29歳で、国主として(今で言う県知事)越中に来ました。
「万葉集」は、奈良時代の日本で最も古い歌集ですが、この万葉集をまとめたのが、大伴家持だと言われています。

Img_0673  Img_0672

ウオーキングと、たっぷりお勉強の1日でした。







 

すこやか体育祭

○○大学同窓会の体育祭に参加してみました。

総合体育館に続々詰めかける熟年男女の皆さん。
国歌斉唱、開会の挨拶に始まり、優勝杯返還、選手宣誓と
プログラム通り進みましたが、競技は大人数のためか、
年齢のせいかはかばかしく進みませんでしたが、
クラス毎に得点が入るので皆さん一生懸命でした。

お天気にも左右されず、交友を深める楽しい一日でした。

Img_0618  Img_0624

Img_0626  Img_0639










私の花

今見頃の庭の花をご紹介します。
友人の持っている花、何でも欲しくなって集めているうち、狭い庭が、ゴチャゴチャ
になってしまいましたが、でも次々咲いてくれて楽しいです。

     シャクヤク               チョウジ草

Img_0490  Img_0492

    バイカウツギ             サラサウツギ 

Img_0549  Img_0553

    アカバナウツギ              ニワフジ

Img_0554  Img_0555
















百万石まつり

第61回 金沢百万石まつり、メインの「百万石行列」 が行われました。

お天気にも恵まれ暑くもなくそよ風の中、勇壮な太鼓の演奏と共に金沢駅、
鼓門を出発しました。
今年の前田利家公役は、俳優の川野太郎さん、お松の方役は俳優の
横山めぐみさんでした。
りりしくてイケメンの利家公と、美しいお松の方のお二人がお祭りを引き立て
多くの見物客を沸かせていたようです。

Img_0574  Img_0577_2

Img_0585_2  Img_0590

Img_0582  Img_0596

「私は どこから見物していたかって?」 もちろん特等席 !!
茶の間テレビ前からの中継でした。  happy01


















« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ