« 飛騨紅葉散策 | トップページ | 第20回 北國水墨画展 »

光徳寺

bus 「○○大学同窓会?」の名目で富山県福光の「光徳寺」へ行って来ました。
棟方志功氏の滞在された寺として有名ですね。昭和20年4月、戦火を逃れて一家6人で疎開され、以前から交流のあった光徳寺と福光に7年間過ごされたそうです。凄い近視だったそうですが、宗教心の厚い棟方氏は
「仏様が紙の中にすでに描いておいでくださる。それを仏様にいただいた手で仏様に支えられて、あとをなぞるだけーーー」 と一気に力強い大作を描かれたそうです。
光徳寺には、その他の交流のあった幅広い分野の民芸作家の作品や、住職が集められた世界各国の民芸品コレクションや屋外には多くの壷なども展示されていました。
近くの華山温泉で一泊し、ご馳走、カラオケ、温泉と楽しい一夜を過ごしました。

      傑作 「華厳松」 (襖6枚)

Cimg0002
                     Cimg0003_2

Cimg0006 Cimg0005_2
                      棟方氏

Cimg0007

Cimg0008

« 飛騨紅葉散策 | トップページ | 第20回 北國水墨画展 »

「旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/207099/37676990

この記事へのトラックバック一覧です: 光徳寺:

« 飛騨紅葉散策 | トップページ | 第20回 北國水墨画展 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ