« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

水墨展

   第15回 金沢幸墨会 水墨画展

   金沢市文化ホール展示ギャラリー

  平成19年4月27日(金)~4月30日(月)

午前9:00~午後5:00 (最終日4時30分迄)

         入場無料

   ご来場を心よりお待ちしております。

Cimg1483

    Cimg1477 Cimg1472_1

私の山野草

Cimg1435  Cimg1437 Cimg1438

今、見頃の私の山野草です、管理が下手なので地植えが多いのです。

 ウラシマ草   仏炎苞の先が釣糸のように伸びる何ともユニークな山野草ですね。ヒメウラシマ草、ユキモチ草や甘い香りのニオイハンゲなども仲間のようですね。

 ヒトリシズカ   花穂は一本、フタリシズカの花穂は二本で丸い、小さな白色の花びらはヒトリシズカも同じく雄しべです。

リン草   一本の茎に白い花が2個付く事が和名の由来ですが、1個や3個付く事もよく有ります、イチリン草よりずっと小さい花ですが、可憐な春の山草ですね。

金沢の散歩道

公民館活動で西の茶屋街を散歩して来ました。あぶり餅神事で有名な「神明宮」を皮切りに「にし茶屋街」へ向かいました。

「金沢西茶屋資料館」Cimg1391

1階には、小説家、島田清次郎に関する資料を展示。

2階は朱色の壁に金屏風、太鼓三味線などお茶屋の艶やかな雰囲気が漂う。

「室生犀星記念館」  犀星の生家千日町3-22

Cimg1397

1階は年譜や犀星が命を削って著した150冊余りの作品の表紙が吹き抜けの壁面アートとして展示。

2階は詩、俳句、小説、随筆などの直筆原稿、書簡など貴重な資料が展示されていた。

帰り道、中村町の「瑞泉寺」に立ち寄り若い僧侶に寺の成り立ちや、前田家との関わり等お聞きした。黄色のウコン桜が1分咲きでした。

Photo_5

その後、「新橋」から犀川河畔の「犀星のみち」を散索しながら「下菊橋」までお喋りしながら今年最後の桜吹雪を浴びながら帰路に着きました。

Cimg1409

兼六園の夜桜   (友人より)

兼六園は、四季折々に美しさを見せてくれます。
ライトアップの観桜期の期間は、無料開園されています。
昼も夜も美しい、兼六園の桜でした。   K・K

Hana

Hana2

友人からの投稿です

4月12日木曜日
 今日は友人4名でお花見です。卯辰山の茶寮では
楽しいひとときを過ごし、心と体に栄養をあたえました。
  桜咲き   天ぷらじぶ煮   みな美味で
                  N.Y より
Cimg1389
(金沢が一望できるリッチなオトイレからの景色です)

今花盛り

何時もの散歩道で今満開の花々です。

ツバキ、コブシ、リュウキンカ、ユキヤナギ、ボケ、等々。

春の散歩は特に楽しいです、次は何が咲くのでしょう?

ちなみに桜は未だ1分咲き位、今年は寒さと暖かさが

逆に来た様で桜も困っているようですね。

Cimg1374

Cimg1369 Cimg1375

Cimg1370

Cimg1372_1

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ